よくある質問

ライースリペアの成分は?解析した結果と3つのポイントとは

投稿日:

ライースリペア,成分,解析

ライスパワーNo.11が入っているライースリペア

コラーゲンやヒアルロン酸よりも保水効果が期待されている成分です。

そんなライースリペアですが、どんな成分が入っているのか気になりませんか?

この記事では、ライースリペアの成分を解析した結果をまとめました。

 

ライースリペアの成分のポイント

ライースリペアの全成分は後半でまとめていますが、なんと言っても最大のポイントとなる成分は、ライスパワーNo.11です。

これは、日本で唯一、皮膚水分保持能を改善する効果が認められている成分なんです。

つまり、他のどの化粧品にもない特徴なんですね。

で、この成分があるおかげで、どうなるかというと、肌本来の保湿機能が高まる効果が期待できるんですね。

カンタンに言ってしまうと、赤ちゃん肌のような感じですね。

ライースリペアの最大の成分はこの、ライスパワーNo.11なんですね。

参考ライースリペアの効果は?アトピーや毛穴が気になる人の体験談まで!

 

ライースリペアの全成分

ライースリペアの入っている成分ぜんぶを、まとめました。

それぞれ配合量の順に並んでいます。

ライースリペアインナーモイスチュアローションNo.11

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

ライースリペアインナーモイスチュアエッセンスNo.11

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2-エチルヘキサン酸セチル、オリブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

ライースリペアインナーモイスチュアクリームNo.11

有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分:水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、モノステアリン酸ポリグリセリル、モノステアリン酸プロピレングリコール、モノラウリン酸ソルビタン、N-ミリストイル-L-グルタミン酸ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、メチルパラベン、キサンタンガム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、グリチルリチン酸ジカリウム、オレンジ果汁、モモ果汁、エタノール、クエン酸

↓あわせて読みたい↓

ライースリペアとライスフォースと米肌の比較!結局どれがいいの?

 

-よくある質問
-, ,

Copyright© ライースリペアの口コミまとめ!類似コスメとの比較や最安値情報まで , 2018 All Rights Reserved.